夏休みは飯綱高原キャンプ場へ行ってきました!~2日目~

とってもお久しぶりです。

ゆう吉です。

ずっと更新をサボってましたが、そろそろ再開したいなぁと。。。

WordPressの使い方も忘れちゃったので、手探りでのんびりと復活しようと思います。

1日目はこちらから

夏休みは飯綱高原キャンプ場へ行ってきました!~1日目~
【キャンプデータ】 場 所:飯綱高原キャンプ場 (長野県長野市大字上ヶ屋2471-608) イ ン:13:00~17:00 アウ...

スポンサーリンク
レクタングル広告大

飯綱高原キャンプ場 2日目です!

さてさて、キャンプは2日目に突入です。

早朝のキャンプ場で生命の神秘に遭遇!

朝はいつも通り6時前に起床。

外に出て何やら違和感を感じる…

テントに何か見慣れないカラーの物体がとまってる。

近付いてみると…

!!!

な、なんと我が家のテントでセミが羽化の真っ最中!!

慌てて携帯を探し、パシャリ!

生命の神秘!セミの羽化を激写!!

生命の神秘!セミの羽化を激写!!

とってもキレイなグリーン。

クシャクシャだった羽が徐々に伸びていきます。

まさに生命の神秘!

後で調べたのですが、キレイなグリーンは血液だそうで、羽の全体に行き渡ると羽が硬化して飛べるようになるようです。

この時に撮った写真はやがて息子くんの自由研究の題材になるのでした…(笑)

セミの観察を終えて、ひとりコーヒーでのんびりしようと準備していると、珍しく奥さまが起床。ママ友も起きてきて大人だけでのんびりコーヒータイム。そのうちに子供たちも起きてきて朝ごはんにします。メニューはナン&カレーとピザと残り物の焼おにぎり。どれも美味しくいただきました。

朝は小雨が降っていましたが、撤収の頃には止んでいました。

乾燥撤収は出来ませんでしたが、雨のなか作業するよりはだいぶマシ。

雨が降らないうちにちゃっちゃと片付けます。

2日目は夜まで長野で遊び、帰るのは夜の予定。

どうせ渋滞だろうからと開き直りです。

飯綱高原で手漕ぎボートデビュー!

まずは、キャンプ場にある池で手漕ぎボートに乗りました。メンバーは当然!?ゆう吉&子供たち。

飯綱高原キャンプ場で手漕ぎボートデビュー!

飯綱高原キャンプ場で手漕ぎボートデビュー!

実は手漕ぎボートデビュー戦だったのでドキドキだったのは内緒です。

子供たちと代わる代わるボートを漕ぎ、とても楽しい時間を過ごしました。はじめてでもどうにかなるもんですね。

飯綱東高原でも子どもたちは大はしゃぎ!

この日は全くのノープラン。

ですが、お風呂だけは必須ということで、キャンプ場でもらった割引券が使えるお風呂に行くことに。

お風呂は飯綱東高原にありました。

飯綱東高原は、全体がひとつの『オーガニックリゾート』という施設なっていて、ゴルフ場やキャンプ場、それにちょっとした(公園に毛がはえたような)遊園地のような施設もあります。お風呂もその中のひとつのようです。

メンバーは、またまたゆう吉&子供たちトリオ。

お風呂に入ったあとは、アイスを食べながら奥さま連中が出てくるのを待ちます。

この時点で子供たちはキッズエリア(遊園地擬き)に行く気満々。付き合うしかなさそうです。

キッズエリアにはいくつかのアトラクションがあります。

そのなかで目をつけたのは『スーパースライダー』。

ソリのような乗り物に乗って斜面に作られたコースを滑り降りるアトラクションで、全長255m高低差32mというスペック。プールのスライダーをソリで滑り降りるような感じです。

最初のセクションはソリごとベルトコンベアに乗せられて頂上へ向かうのですが、このベルトコンベアがレトロ感たっぷりでスリル満点です。

頂上で一旦止まって説明を受け、いざ出発!

スピードは自分でコントロールするのですが、ノーブレーキで頑張ると体感速度はなかなか速いです。ただし、カーブで外にこぼれそうになるのでスピードはほどほどに…

何気に楽しくてリピートしちゃいました。

なんだかんだで時間も15時をまわり、そろそろ飯綱東高原をあとにします。

お昼もまともに食べていないので、早めの夕食を食べて帰路につくことに。

帰りの運転はゆう吉最後の大仕事!

遊び疲れたので食事はファミレスで簡単に。

長野IC近くにある『荻のや』でお土産を買って、いざ高速へ。

ゆう吉最後のお仕事です。途中、大雨に降られましたが大きな渋滞もなく、日付が変わる前に帰ってこれました。

ハードスケジュールだったにも関わらず途中で眠くなることもなく、元気に帰ってこられたのは意外でしたが、もっと驚いたのは子供たちです。あれだけ遊んだのに帰りの車中はずっとハイテンション。ほとんど寝ることはありませんでした。こういうところでも子供の成長を感じます…

突然の目的地変更に加えて全くノープランの旅でしたが、トラブルが起きることもなくとてもいい思い出になったと思います。お友だち母子は我が家流の強行日程にお付き合い頂き、さぞかし疲れたと思います。

でも、これに懲りずにまた遊びましょうね。

今日はこの辺で。

それでは、また!