わかっていればこわくない!燃料系ランタンのすすめ

こんにちは、ゆう吉です。

キャンプをするには必需品である『ランタン』。

では、その『ランタン』はどのようにして選べば良いのでしょうか。

これから一緒に考えてみましょう。

ランタンラインナップ

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ランタンの選び方を考えてみよう

ランタンを選ぶ際にまず悩むのがLEDにするか燃料にするか。

その前にひとつ確認しておきます。

キャンプに行くとき、ランタンをひとつしか持たずにいく方はほとんどいないと思います。

少なくともメインとサブの2つ、プラス、トイレなど移動時に持つものやテント内で使う小さな物など複数持たれるのが通常かと。

その中でも選択に迷うのはメインでしょう。それ以外はおそらくLEDを選ぶ方が大多数だと思いますので。

ここでは、メインにどのようなランタンを選べば良いのかを考えてみましょう。

燃料系のランタンは男のロマン!?

ここで考えるのはメインランタンとして何をチョイスするか。

まず、燃料系かLEDかを決めましょう。

燃料系のメリットは、何といってもその明るさと雰囲気ですね。

燃料系ランタン

いくら自然色のLEDがあるといっても、あのやわらかい雰囲気は出せません。

GENTOSの『エクスプローラーEX-1000C』に代表されるような1,000ルーメンクラスのLEDは、メインとして十分に使える明るさを誇ります。

しかし、やっぱりそれは人工的な明るさ。雰囲気は燃料系の圧勝です。

それに対してLEDのメリットは圧倒的な手軽さと安全面。

LEDランタン

燃料系は何かと手間がかかりますし、怪我や火傷のリスクもゼロではありません。

しかし、LEDならボタンひとつでパッと明るくなります。怪我や火傷のリスクも皆無。

こちらはLEDの圧勝です。

これらをまとめると、小さなお子さんがいて怪我や火傷が怖い方や、あまり機械に強くないし手軽に明るさを手に入れたい!という実用派はLED、雰囲気を重視したい方や、道具を使いこなすことに男のロマンを感じる方は燃料系。

と、いったところでしょうか。

ちなみにゆう吉は後者ですので、ここからは燃料系に絞ってご紹介します。もう少しお付き合い下さいね。

燃料別にそれぞれの特徴を比較しよう

ここからは燃料系を前提に。

では、燃料系にはどんな種類があるのか。

ここではガス、ホワイトガソリン(以下、WG)、灯油(以下、ケロシン)の3種類を比べてみましょう。

1番手軽でLEDに近いのはガスランタン。ガス缶をセットすると、あとはツマミを捻るだけ。燃料の補給もありませんので、比較的安全に使えます。

しかし、デメリットもあります。ガスは寒さに弱いです。気温の低い高地や冬キャンプなどでは実力を100%発揮できません。

また、ガス缶の中身が減ると明るさが落ちてきます。

残り少なくなった時点でルミエールランタンのようなガス消費量の少ないアイテムで使いきるのが定番のようです。

続いては比較的共通点の多いWGとケロシンです。

両者は液体燃料であり、使用するにはタンクへの燃料補給が必要です。そして、ここにリスクがあります。ケロシンは常温では気化しにくいのであまり心配ありませんが、WGは特に揮発性が高く給油中に近くでタバコを吸ったりすると…

しかし、この点はWGの優位性にもつながります。

それは、ケロシンと比べて点火しやすいこと。WGはポンピング(加圧)をすればすぐに点火できますが、ケロシンはそれにプラスしてプレヒート(余熱)が必要です。

もっとも、プレヒートは手順さえ理解していれば時間は1~2分程度。好きであれば全く苦になりません。

そして、ケロシンの1番のメリットは、燃費と燃料入手の手軽さです。

コールマンの純正WGは安くても4リッターあたり3,000円前後。700円/リッターといったところ。

さらには、アウトドアショップやホームセンターへ行かなければ入手できません。

しかし、ケロシンはガソリンスタンドならどこでもあります。用意するのを忘れてもキャンプ場に行く途中に買えちゃいます。値段も80円/リッター程度と格安。

燃費はさほど変わりませんので圧倒的なコストパフォーマンスですね。また、WGに比べると気楽に保管できるのもいいところ。石油ストーブで育った世代の方は容易に理解できると思います。

所有するキャンプギアの燃料を統一しよう!

どのランタンにするか、なんとなくイメージがわいてきましたか?

最終決定をする前に、もう一点考慮しておきましょう。

それは、他のキャンプギアと燃料を統一すること。

他の燃料系ギアといえばストーブ。ここでいうストーブは調理用のコンロのことで、暖房器具ではありません。

ストーブもガス、WG、ケロシン等が選択肢になりますね。

ストーブに関する詳細は別記事でご紹介しますので省略しますが、ランタンとストーブは燃料を揃えた方が荷物も少なくできますし、(ほとんど無いでしょうが)燃料を間違えるリスクも無くなります。冬キャンプにいく方は暖房器具もあわせて考えるとより良いかもしれません。

おすすめはケロシン!その理由は圧倒的なコストパフォーマンス

最後に、独断と偏見で格付けを。

1位 ケロシン!

圧倒的なコストパフォーマンスが1番の理由です。使用する上では何の不満もありません。難点はモデルの選択肢が圧倒的に少ないこと。寒さに対する耐性は冬キャンプ好きにとって必須です!

2位 ガス!

WGより上位に来たのは使用に対する手軽さです。WGを選ぶならケロシンを選ぶ。もし、ケロシンを選ばないとすれば、それは快適さを求めるとき。と、なると次に来るのはガスですね。WGがダメなのではなく、『ケロシン&WG vs ガス』の構図なんです。

3位 WG!

最強の燃料はおそらくWGですね。ケロシンとの差はコストだけなんです。ですが、それは燃料を選ぶ上で大きな要素です。そして、安全面もケロシン。でも、実はWGに憧れてたりします。

以上、最後は私見がたっぷり入りましたが参考になりましたか?ゆう吉が所有するケロシンのギアも追って紹介しますので参考にしてくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

それでは、また!