欲張りは禁物。ゆとりある日程でキャンプを満喫しよう!

こんにちは、ゆう吉です。

みなさんは、1度のキャンプでいろいろなことに挑戦しようとして、バタバタしたキャンプになってしまった経験はありませんか?

キャンプ初心者にありがちなバタバタキャンプ。心当たりのある方は1度スケジュールを見直してみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告大

欲張りは禁物!ゆとりある日程でキャンプを満喫しよう

バタバタキャンプになってしまう方の特徴は、1度のキャンプで多くのことにチャレンジしようとしまうこと。

キャンプでの1日は思ったよりも早く過ぎていきます。限られた時間を有効に使うため、まずは1日の流れを振り返ってみましょう。

森のまきばオートキャンプ場の夕焼け

キャンプの流れを振り返ってみよう

まずはキャンプでの1日を振り返るために、我が家のスケジュール感を例に考えてみましょう。

《1日目》
00:00~12:00 チェックイン
12:00~13:00 設営
13:00~14:00 昼食
14:00~16:00 自由時間
16:00~18:00 風呂、夕食準備
18:00~21:00 夕食、花火や焚火など
21:00~22:00 後片付け、就寝準備
22:00~00:00 就寝

《2日目》
00:00~06:00 起床
06:00~07:30 のんびりコーヒータイム(家族起床)
07:30~08:00 朝食準備
08:00~09:00 朝食
09:00~11:00 自由時間(レイトチェックアウト時)
11:00~12:00 撤収
上記のようなスケジュールであった場合、1日目で自由な時間は14:00~16:00の2時間。

2日目の自由時間は一般的な10:00チェックアウトだとなくなってしまいます。

そうなると、1日目の2時間で何が出来るかを考える必要がありますね。

やりたいことはひとつずつ。余力を残して腹3分で満足しよう!

経験が浅いうちは『キャンプといえば◯◯!』の◯◯に当てはまるものがたくさんあると思います。

なかには理想や憧れに近いものもありますよね。

例えば、夕食にお洒落な料理を作りたいとか、周辺でアクティビティを楽しみたいとか、季節に合わせた自然の遊びを満喫したいとか、焚き火を囲んで究極にまったりしたいとか。

キャンプ場で川遊び!

息子君、焚き火を前に爆睡

息子君、焚き火を前に爆睡

ちなみにゆう吉は静かな湖でカヌーを経験したいです!

アウトドアは非日常な部分がとても多く、いろいろなことにチャレンジしたくなりますよね。ですが、欲張りすぎは禁物です。

初心者に言えることは、まずキャンプ自体とそのおかれた環境に慣れること。慣れないことばかりなので、ちょっとした事が大きなトラブルにつながることもあります。まずは無理をせずに慣れましょう。

何もしなくてもキャンプ場でのんびりとしたひと時を過ごすだけで十分満足できると思います。それから、ひとつずつプラスしていきましょう。

自然の中でのコーヒーは最高です!

自然の中でのコーヒーは最高です!

余力を残して腹3分。まずはここから始めましょう!

目的達成のため、何を犠牲にするかを考えてみよう!

キャンプにも慣れ、いよいよ『キャンプといえば◯◯!』にチャレンジです。

ここで提案です。そのときが来たら、思い切ってその他諸々のイベントを全て切り捨ててしまいましょう!

そんな時、例えばゆう吉は夕食を思いっきり手抜きします。レトルトカレーでおしまい!とか。

そうすることで、時間のことやその他余計なこと考える必要がなくなります。目的達成のためには犠牲はつきものです。そして、そこで作った”ゆとり”を有効に使いましょう。

時間を作るもうひとつの方法!

これだけははずせない!でも圧倒的に時間が・・・

そんな場合は大幅に時間を増やす方法がもうひとつあります。とても当たり前で簡単な方法ですが、意外とハードルは高いのかもしれません。

その方法とは、、、

2泊しちゃうこと!

なんだ、そんなことか。と、思いましたか?でも間違いじゃないでしょ??

キャンプでの連泊。簡単そうに見えて意外と経験したことがない人も多いのではないでしょうか。実は、ゆう吉もありません。

ゆう吉はサラリーマンなので、カレンダーが3連休でないと連泊は出来ません。ですが、そんなときはキャンプ場も混雑していますよね。混雑したキャンプ場を好まないゆう吉にはあまりチャンスはありません。

食材もよっぽどいいクーラーボックスを使うか、工夫してメニューを考えるかしないと途中で補給が必要になりますよね。その際は保冷剤が使えないのでまたまた工夫が必要です。

結局のところ、この方法もキャンプに対しての慣れが必要ということが言えそうですね。

結論、まずはキャンプに慣れてから、中身を減らしてゆとりのあるキャンプにしよう!

以上のことを総合すると、とにもかくにもキャンプという非日常的な行為になれることが重要ですね。

アウトドアはとても魅力的な場所なのでどうしてもいろいろな事に挑戦したくなりがちですが、自然の中に身を置くことこそが究極の贅沢なのかもしれません。ベテランキャンパーの多くがその原点に回帰していることからも、行き着くところはそこであるような気がします。

しかし、そこに行き着くまでには多くのことを経験し、楽しんでからにしたいですよね。

ゆう吉もそう思っています。

ですので、1度のキャンプにひとつのイベント。これを心がけて多くのことを経験したいと思います。

そして、なるべく多くキャンプ場に行くこと。イベントを絞ることによってキャンプ1回あたりのコストをおさえ、その分キャンプ場に出かける回数を増やす。そして多くの経験を積む。

遠回りのようですが、これが一番合理的に多くを学べる様な気がします。

キャンプから帰ったあと、どっと疲れが出てしまうそこのあなた!中身を減らして時間にゆとりのあるキャンプにしてみませんか??

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、また!