キャンプギア・アーカイブ

こんにちは、ゆう吉です。

今回は所有するキャンプギアの一覧を紹介したいと思います。

主にファミリーキャンプで使用しているものですが、最近はソロキャンプで使用できる小型軽量のものに興味があり、徐々に買い揃えていこうかな、なんて思っています。

商品名にリンクが貼ってあるものは、別途詳細記事を設けています。ぜひ、そちらもご参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

キャンプギア一覧

テント関係

区分 商品名 ブランド
 テント ウェザーマスター(R)ツールームワイドSTD Coleman
CIRCUS TC テンマクデザイン
 タープ ムササビウイング13ft.Cotton“焚き火”version テンマクデザイン
 シェード パーティーシェード/360 Coleman
 シート ウェザーマスター(R)グランドシート Coleman
 ペグ エリッゼステーク エリッゼ
 ポール エリッゼタープポール エリッゼ
プッシュアップポール ロゴス

テントやタープはキャンプにおける『寝室』や『リビング』的な存在。そして、一番大きな買い物ですね。

テント+タープにするのか、ツールームテントにするのか。すごく悩みました。

そして、最初に買ったのはコールマンのウェザーマスター(R)ツールームワイドSTD。ファミリーキャンプにぴったりでとても満足しています。

寝具関係

区分 商品名 ブランド
 シュラフ コージー/C5 Coleman
コージー/C10 Coleman
スクールマミーⅡ/C10 Coleman
AURORA 600DX NANGA
 コット ウルトラクール キャンピングベッド DOPPELGANGER
 マット インフレーターマットW Coleman
コンフォートマスター(R)インフレーターマット Coleman

キャンプの夜を快適に過ごせるかどうかはシュラフにかかっています。シュラフには快適温度が設定されており、自分にあったものを選択することが可能です。

お気に入りはNANGAのAURORA600DX。快適温度-11℃、限界は-30℃のハイスペックモデルです。

-10℃前後で使用した際も快適に過ごすことができました。しかし、奥さまは-3℃ほどの車中泊で使用しましたが、寒くて毛布を併用していました。その時ゆう吉は5℃快適の封筒型で問題なし。

温度の感じ方は人それぞれですので、スペックだけを鵜呑みにせず自分の体質にあったものを選択することが必要です。

また、キャンプ場はフィールドが”デコボコ”していることがほとんどですのでシュラフだけでは快適に寝れません。そんな時は地面からの温度を遮断する効果もあるインフレータブルマットやコットを併用し、快適に過ごしましょう。

ファニチャー

区分 商品名 ブランド
 テーブル ローテーブル DIY
アルミロールテーブルコンパクト CAPTAIN STAG
 チェア ストライプあぐらチェア・ポケットプラス LOGOS
ラコンテ ロースタイル イージーチェア CAPTAIN STAG
プー タイニーチェア LOGOS
 ラック コーナンラック ワイド コーナン

使用するテーブルやチェアはキャンプスタイルによって異なります。ゆう吉家はロースタイルですので、ローテーブルとローチェアの組み合わせ。

ローチェアはくつろぐには最適のアイテムですが、立ち上がりにくいのが難点。焚き火の前でのんびりしていると、そのまま眠ってしまうことも・・・

調理/火器関係

区分 商品名 ブランド
 グリル クールスパイダーステンレスグリル Coleman
 焚き火台 ファイアグリル UNIFLAME
 ストーブ ドラゴンフライ MSR
 調理器具 ステンレスダッチオーブン 10インチ SOTO
スキレット鍋 19センチ ニトリ
パックアウェイ ケトル 0.6L Coleman
ごはんクッカープラス(山シリーズ) UNIFLAME
ホットサンド ダブル バウルー
チタンカフェプラス snow peak
シェラカップ belmont

キャンプでは定番のBBQや焚き火をするためにはグリルが必要です。

ゆう吉家は状況に応じてBBQグリルと焚き火台を使い分けていますが、ファイアグリルは両方の機能を兼ね備えているので重宝しています。オプションも豊富でダッチオーブンも使えます!

火器の中での一番のお気に入りはMSRのドラゴンフライ。

強力な火力でお湯をすばやく沸かし、弱火が必要な炊飯もこなします。音が少々大きかったりプレヒートが必要だったりと手間もかかりますが、すべてがその気にさせてくれます。

ガスを燃料とするストーブやコンロは氷点下近くになると火力が弱くなり、十分に威力を発揮できませんが、こいつは全然問題なし。

さまざまな燃料に対応し、いつでも強力な火力を発揮してくれるMSRドラゴンフライはとっても秀逸なアイテムです。

その他

区分 商品名 ブランド
 ランタン 639C700 ケロシンランタン Coleman
ハリケーンランタン DIETZ 78 DIETZ
エクスプローラ EX-777XP LEDランタン GENTOS
SMiLE LEDランタン Mr. SPICE
ブロンズキャンドルランプ LOGOS
 スタンド パイルドライバー ランタンスタンド snow peak
 ストーブ フジカハイペット フジカ
 その他 アウトドアワゴン Coleman
MAXCOLD 62QT クーラーボックス igloo(イグルー)
フラットクーラースタンド LOGOS
倍速凍結 氷点下クーラーL 保冷剤 LOGOS
モーラ・ナイフ Companion Black Mora Knife
不明

ゆう吉家のメインランタンはコールマンの639c700というケロシンランタンです。日本で取り扱いのないアイテムで、いわゆる”並行輸入物”というやつです。

燃料がケロシンという点が選択の決め手。なんといっても燃料代が安い!

上で紹介しているMSRドラゴンフライとケロシンで燃料を統一しています。冬キャンプでは石油ストーブであるフジカハイペットを使用しているので燃料の統一はばっちり。

最近はプレッシャーランタンの明るさに不満(明るすぎる!)を感じており、ソロキャンプ用にハリケーンランタンを導入。そのやさしい灯りに大満足しています。

最後に・・・

ひととおり所有しているキャンプ用品を紹介してきましたが、キャンプ1年目にして既に方向性がぶれてきています。

最初はファミリーキャンプしか考えていませんでしたが、そこにソロキャンプが加わったことによって新たに欲しいアイテムが・・・

今後もアイテムが増えること間違いなし!(笑)

物欲は永遠です。

全てのアイテムは無理ですが、主要なアイテムに関しては使用感などの深堀記事を書いていきますのでキャンプギアを購入する際の参考にして下さいね。

本日はこの辺で。

それでは、また!