朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に行ってきました!

【キャンプデータ】

場 所:朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

(静岡県富士宮市猪之頭1162-3)

イ ン:8:00-

アウト:-17:00

日 時:2016/6/11(土)-12(日)

天 気:晴れ

気 温:最高-℃、最低-℃

備 考:ゴミは持ち帰り(炭は捨てられます)

こんにちは、ゆう吉です。

前回に引き続き、『朝霧ジャンボリーオートキャンプ場』に、行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に行ってきました!

2回連続での朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。前回とは違い、今回は家族3人で。そして、一番の違いは泊まりのキャンプだったことです。

ゆう吉家、記念すべき第1回目の自前テント泊。何か起こるだろうと思っていましたが、意外にも順調なキャンプでした。準備がよかったんだろうな(自画自賛)。

キャンプ場に関しては過去の記事『朝霧ジャンボリーオートキャンプ場でデイキャンプ!テントはうまく設営できたのか??』をご参照いただくとして、今回ははじめての本格キャンプの感想を多めに。

お決まりの”鶏肉”を購入したあと、前回と同じルートでキャンプ場へ。キャンプ場到着5分前にネットで予約。

これにより、200円の割引を受けることができます。ちょっとセコい気もしますが。

11時前にキャンプ場へ到着。今回はテントに加えてタープも設営したため、前回よりも時間を要しました。それでも12時過ぎには無事に設営完了。だいぶ慣れてきました。

それでは、ゆう吉家サイトを初公開!

ゆう吉家のサイト!

ゆう吉家のサイト!

結構それっぽいでしょ??(笑)設営も完了し、ひと休みしたらお昼タイム!メニューは憧れだったキャンプ場でのカップラーメン(笑)

自慢のMSRドラゴンフライを入念にプレヒートし、満を持して着火。自宅のベランダで練習して行ったのであっさり成功!
※周りやご近所には細心の注意を払いました。

MSRドラゴンフライは燃料を選べます。ホワイトガソリンやレギュラーガソリン、ケロシンに軽油、おまけにジェット燃料まで。

そんな中からゆう吉はケロシンを選択。理由は圧倒的にコストパフォーマンスがいいから。ケロシンを使用した場合、メンテナンスが大変との話もありますが、使い始めたばかりなので今の段階ではわかりません。その辺は使い込んでからレポートしますね。

ちなみにこのドラゴンフライ、1リットルの水を沸かすのに4分弱(ケロシン使用時)の性能です。

キャンプ場でのカップラーメンは格別でした。外でカップラーメンといえば、若いころによくコンビニの駐車場でしゃがんで食べてましたが、まるで別格ですね(笑)おなかも満足したところでキャンプ場の周りを散策です。

車で10分ほどの『富士ミルクランド』へ行ってきました。

いろいろな動物とふれあえる「動物ふれあい広場」で遊んだり農産品直売所でBBQの材料を調達したり。

そして、本来の目的へ。朝霧方面でキャンプされる方には有名ですが、『富士ミルクランド』ではとっても安く”薪”が購入できます。針葉樹でしたら一束250円。格安です。朝霧方面へ行かれる際は是非。

お目当ての薪を購入してキャンプ場へ戻ります。

夜はBBQを少々とメインにカレーを。早速準備です。

ドラゴンフライとクッカーのコンビでご飯を炊きます。これは知識と慣れが必要。ネットでググりまくってやり方を頭に叩き込み、これまた自宅で練習済み。こういうところは慎重派です。おかげで本番は見事に成功しました。

カレーは息子君も大好物。特に外で食べるカレーは格別です。BBQは焼き鳥に牛肉を少々。それから息子君も大好きなシイタケ。逆さまに焼いて傘にたまった水分をこぼさないようにパクり!醤油味が最高です!

お腹が満たされたところで本日のメインイベント。そう、”焚き火”です!

キャンプをされている方は呼吸をするように当たり前のことでしょうが、キャンプをはじめようとする人にとっては憧れの”焚き火”。薪は富士ミルクランドで購入したを物を使用します。

一束なので短い時間でしたが至極の時間をすごしました。

はじめは興奮していた息子君もこの通り・・・

息子君、焚き火を前に爆睡

息子君、焚き火を前に爆睡

爆睡!とてもゼイタクなひとときですね。

焚き火が終えたところで21:00を過ぎ、周りのみなさんも次々に消灯。

ファミリーキャンプの方はお父さんがひとりまったりと晩酌。焚き火にあたってとても気持ちよさそうです。

ゆう吉家も初めての夜ということもあり、早めの就寝。シュラフにもぐりこみます。

自前テントは初めてでしたが、話に聞くような”眠れない夜”は皆無。3人そろってぐっすり眠れました。

夜中に息子君が起きたので家族そろってトイレへ。

テントの外に出ると獣のにおいが・・・思わずキョロキョロしちゃいました(笑)吐く息は白く、気温は体感では一桁にも感じられました。

6月ではありますが、標高1,000mクラスであれば夜はかなり冷え込みます。それなりの準備が必要ですね。

キャンプに行ったらどうしてもやりたかったことがもうひとつ。それは、早朝に外で飲むコーヒー。これも実現できました!もともとあまりお酒が飲めないゆう吉は長い夜を過ごすより、早朝に起きるほうが理想的です。

朝はとっても強いのですっきり目覚めてコーヒーでまったり。奥様と息子君はまったく起きる気配はありませんが。。。

朝食は冷凍ピザ、それから前夜のカレーを”ナン”とともに。火を熾して準備が完了したところで2人そろって起床。狙ってるとしか思えないタイミングです。

おいしく朝食を食べて少しのんびりしたところで撤収開始。チェックアウトが17:00ととっても遅いのでゆっくり片付け。初心者向けですね。

個人的な感想ですが、設営よりも撤収のほうが大変。車がワゴンRということもあって積み込みもパズルのようです。そんなこんなで撤収も終了し、お昼ごろにキャンプ場を後にしました。

富士山に後ろ髪を引かれながら・・・

最初のキャンプを成功裏に終えたゆう吉家はどんどんキャンプにはまっていきます。そんな様子は今後アップしていきます!最初のキャンプ前に購入したもの、必要な知識や気付いたことなども別の記事でまとめてみようと思います。

本日はこの辺で。

それでは、また!